ギャルリー ペン

ニュース

Archive for June 2011

June 21, 2011

YUKATA展最終日

なか志まやのクールな着物

舞妓さんのゆきのちゃんも来てくれました

世界に一つのオリジナル製作中のデザイナー芝崎るみさん

お客様からのオーダー”バンビ”かわいいです

芝崎さんを囲んでゆかたデザインのお話で盛り上がっていました

6日間と短い期間ではありましたが、たくさんの方にRUMIROCKの世界感や、コンテンポラリーなYUKATAに興味を持っていただきありがとうございました。

June 10, 2011

YUKATA展

6月16日(木)~21日(火)galerie P+ENがお勧めしますコンテンポラリーなYUKATAの展覧会を開催します。

東京吉原のユニセックスゆかたブランドRUMI ROCKをメインに、新宿なか志まやのクールなKIMONO、円頓寺より久路里の下駄などを展示販売します。カッコイイYUKATAをお探しの女性は勿論、男性の方にもとってもお勧めです。

17日、18日夜、19日夜はRUMI ROCKデザイナーの芝崎るみが来店し、浴衣に直接描くドローイングパフォーマンスなども行います。

RUMI ROCK 芝崎るみの仕事

イメージを反物スペースの上でデザインに移し替え、その原画を注染用の型紙に起こし染色してようやく一反の反物が仕上がります。
注染のゆかた地 は、一反の長さが約3.2丈(約12㍍)・幅約1尺(約38㌢)ですが、型紙のサイズはタテ2尺4〜5寸(約90〜94㌢)、ヨコ1尺(約38㌢)です。 型紙のサイズに折り重ねた反物に染料を流し込むことで一反分の柄となります。つまり、ゆかた地は1枚の型紙のパターンが12つ連なって構成されているとい うこと。ゆかたのデザインの難しさと醍醐味は、このパターンのおくり部分をいかに自然につなげ、表現するかにあります。そしてもっとも大切なのが、ゆかた になったときの柄行の面白さ。仕立てた際、図柄が効果的に配されるデザインに仕上げるためには、経験と知恵が求められるのです。

パターンのつながりと仕立て上がりを考えたデザイン

普段何気なく着ているゆかたも中々おく深いです。6日間と短い期間ですがデザイナーに直接見立ててもらったり、ゆかたデザインなどの話が聞けるまたとないチャンスですぜひ遊びに来て下さい!

English

June 04, 2011

PANTALOONの新色

新色のスクエアバックが届きました。毎回色の組み合わせに悩み、オーダーして届くまでドキドキします。そして今回もとっても素敵に出来上がってきました!

26.250円